×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

裾上げついて

ズボンの裾が長すぎる!!裾上げしましょう!!
  1. テープで裾上げ
  2. ミシンで裾上げ
  3. 手縫いで裾上げ
    1. 三つ折りしてまつり縫い
    2. 一度折り返し、端の始末をして奥まつり
    3. 一度折り返して千鳥縫い

1.テープで裾上げ

裾上げテープで貼り付けるだけの簡単な方法。

欠点は剥がれやすいこと。しっかり仕上げたいなら縫いましょう。

裾上げテープには2種類あります。

両面に接着剤がついていて、布の間にはさんで接着するタイプ。
両面テープでも代用可能。
片面だけに接着剤がついていて、布端ごと覆いかぶせて接着するタイプ。
布端がほつれる心配がありません。
裾上げのしかた
裾を折り曲げて、短くしたい裾の位置にまち針をとめます。
ズボンを裏返します。
まち針の部分にぐるっと線を引きます。
その線から下に3p下りたところで切ります。
※ちょっとだけ短くしたいときや、折り返しにかぶる場合は裾をほどきます。
線のところからアイロンで折ります。
ズボンに直接アイロンをかけると、テカることがあります。
ハンカチなどの布を当ててアイロンをかけると防げます。
<両面接着型>
折り曲げた布の間にテープをはさんで、アイロンで接着します。
<片面接着型>
まずテープを水で濡らし、軽く絞ります。
布の端がテープの中心にくるようにかぶせて、アイロンで接着します。





2.ミシンで裾上げ

ミシンで縫っておくと丈夫に仕上がります。
ジーパンなど生地が分厚いものは、普通のミシンで縫えないので、お店に頼むなどしたほうがいいです。
裾を折り曲げて、短くしたい裾の位置にまち針をとめます。
ズボンを裏返します。
まち針の部分にぐるっと線を引きます。
その線から下に2p下りたところが折り返しの線、さらに1cm下りたところを切ります。
ちょっとだけ短くしたいときや、折り返しにかぶる場合は裾をほどきます。
2本引いた線のところで2度アイロンで折ります。(三つ折り)
ズボンに直接アイロンをかけると、テカることがあります。
ハンカチなどの布を当ててアイロンをかけると防げます。
上の折り目から約2ミリのところをミシンで縫います。
ズボンの股側になるほうから縫い始めます。
布がたくさん折り重なっている部分は、ゆっくりと手動で縫っていきます。


3.手縫いで裾上げ

スラックスなど縫い目を表に出したくない時は手縫いしましょう。
  1. 三つ折りしてまつり縫い
  2. 一度折り返し、端の始末をして奥まつり
  3. 一度折り返して千鳥縫い

1.三つ折りしてまつり縫い

三つ折りするので分厚くなります。
裾を折り曲げて、短くしたい裾の位置にまち針をとめます。
ズボンを裏返します。
まち針の部分にぐるっと線を引きます。
その線から下に2p下りたところが折り返しの線、さらに1cm下りたところを切ります。
※ちょっとだけ短くしたいときや、折り返しにかぶる場合は裾をほどきます。
2本引いた線のところで2度アイロンで折ります。(三つ折り)
まつり縫いをする。
折り返した布の内側から玉結びした針を入れ、出します。
表地になる方の布をちょっとだけ(1ミリ、糸2本程度)拾い、そのまますぐ手前の折った方の布を5ミリ程度針を通し、針を出します。
すぐ上の表地の方をまたちょっとだけ拾い(青点のところ)これを繰り返します。
最後は折り返した布の内側で玉結びします。
開いた図。
表に出る針目を小さくして、均等な幅で縫っていくときれいに仕上がります。





2.一度折り返し、端の始末をして奥まつり

すっきりと仕上がります。
裾を折り曲げて、短くしたい裾の位置にまち針をとめます。
ズボンを裏返します。
まち針の部分にぐるっと線を引きます。
その線から下に3p下りたところで切ります。
切り端にロックミシンかジグザグミシンをかけます。
ちょっとだけ短くしたいときや、折り返しにかぶる場合は裾をほどきます。
線のところからアイロンで折ります。
ズボンに直接アイロンをかけると、テカることがあります。
ハンカチなどの布を当ててアイロンをかけると防げます。
端をかがったところのきわをしつけします。
奥まつりをする。
しつけしたところを開きます。
折り返した側の内側から玉結びした針を入れ、出します。
表地になる方の布をちょっとだけ(1ミリ、糸2本程度)拾い、そのまますぐ手前の折り返した方の布を5ミリ程度針を通し、針を出します。
すぐ上の表地の方をまたちょっとだけ拾い、これを繰り返します。
最後は折り返した布の内側で玉結びします。

3.一度折り返して千鳥縫い

端をほつれなくしつつ縫い止めていきます。
裾を折り曲げて、短くしたい裾の位置にまち針をとめます。
ズボンを裏返します。
まち針の部分にぐるっと線を引きます。
その線から下に3p下りたところで切ります。
ちょっとだけ短くしたいときや、折り返しにかぶる場合は裾をほどきます。
線のところからアイロンで折ります。
ズボンに直接アイロンをかけると、テカることがあります。
ハンカチなどの布を当ててアイロンをかけると防げます。
千鳥縫いをする。
折り返した側の布の内側から玉結びした針を入れます。
右上の表地になる方の布をちょっとだけ(1ミリ、糸2本程度)拾います。
折り返した方をちょっとだけ拾い、これを繰り返します。
針目は右から左。方向は左から右へバックするように縫っていきます。
最後は折り返した布の内側で玉結びします。

トップページへもどる